草空間設計
雨の前に駐車場の草取りを少し・・・
と思って、草を取っていたら
右手の人差し指を蜂に刺されてしまいました。
みるみる腕まで腫れてきたので、素人対処ではいけないと思ってお医者さんに行きました。
1時間ほど経過観察をすると言われ、炎症止めを塗った後、ベッドに寝かされ10分おきに血圧を測っている間に、腕の腫れは引いてゆきました。
・・・が、
「今日1日はケータイを放さず、異常が起きたらためらわずに救急車を呼ぶこと」
と脅されて薬を処方されて帰ってきました。

「今日はツイてない・・・」と思いながらNETの占い欄を見てみると、自分の星座はそれほど悪くありません。

でも、最後にこんなふうに書いてありました。

ラッキーアイテムは虫よけグッズ



・・・・・・・
手遅れ・・・(T T)
先週、大鋸(オガ)による木挽を体験してきました。
(先週の記事を今書くという、このペース。。。)

「大鋸」というのは、昔、人力で丸太を製材していた頃の道具で、その名のとおりデッカイ鋸です。
「おがくず」という名は、この鋸で引いた時に出る木のクズの名前で、これが鋸クズ全般に使われるようになったものだそうです。
厳密に言うと、今回体験させてもらったのは「前挽鋸」で「大鋸」は2人挽のものを言い、江戸時代中期には使われなくなったそうです。

講師は、伊藤平左ェ門建築事務所の望月先生。
写真で見本を見せている人です。

この後、私も含めて生徒が何人か挑戦してみましたが、やっぱりへっぴりごしでカッコ悪いです。

でも、この人、サマになってました。

設計家ですが、製材もやってるんですか?

丸太を留めているカスガイ。

これも鍛冶屋の手になるもので、今では手に入らないので、望月先生は古い建物が取り壊される時などに拾ってくるのだそうです。

望月先生の話で、今回知ったこと。
丸太を見てちゃんと挽けば、木は乾燥していなくても狂わないのだそうです。

含水率信仰で、何でもかんでも窯に入れて人工乾燥させるのは正しいのか?
と、改めて思った次第でした。


 草空間設計のHP   
https://soukuukan.jimdofree.com




かめはマットをむしります。
面白がってむしります。
イラついてもむしります。
あと、ウンチする時になぜかむしります。(力入れやすいのかな?)

そうしてマットのフワフワの毛がなくなってしまった部分(そこはもうただの布です)に後ろ足の膝をつけて体を回転させていると、やがてかめの膝の毛が擦り切れて皮膚が赤くなってしまいます。

とうとう擦れて赤くなった皮膚が炎症を起こして膿んでしまいました。

お医者さんに行って抗生剤をもらってきました。
2週間したらまた来るように言われました。
毎日お風呂に入れて清潔にしているのでこれくらいで済んでいる、とも言われました。
包帯は締め付けすぎるので、あまりしない方がいいようです。

今日はお風呂に入れてから仰向けにして、化膿した膝がつかないような格好にしてみました。
かめが自分でこの格好になってることもあります。
ただ、この格好だと体をひねらないとエサが食べられないので苦しそうに見えます。
でも、しばらくはこれをベースにしていこうかと。
かめは自分でくるっとうつ伏せ姿勢に戻れるのですが、やっぱりこの方が痛くないのか、そのままで体をよじって移動しています。

 お風呂に入れたあとの患部の写真

ん〜〜〜。。
接写したのでわかりにくいですね。
真ん中のちょっとだけ赤いところが化膿しているところです。

早く治るといいなぁ。

 草空間設計のHP   
https://soukuukan.jimdofree.com
6月1日、名工大で行われたプロ向け講座で「シロアリ博士」神谷忠弘さんの講義を聞いてきました。「シロアリ博士」というより「シロアリオタク」と言った方がいいような、シロアリ愛にあふれた方でした。(笑)
 本州で代表的な2種類

 すでに知っていたこともたくさんありましたが、目からウロコのこともたくさんありました。
これまで私がやってきたシロアリ対策で間違っていたこともいくつかありましたし、一般の駆除業者がやっていることの中には効果が無いどころか逆にいろんな意味での「被害」を拡大させてしまう危険があることもわかりました。

 一つ印象に残った話を紹介します。シロアリがなぜ「家」に対して活動を始めるのか、というお話です。
 シロアリは倒木や枯れ木などを素早く土に還して、森の循環を豊かに保っている生態系の大切な仲間です。シロアリは弱い生き物で、通常は土の中にそのコロニーを形成して生活しています。特にヤマトシロアリは日本全土に分布する種で、ヤマトシロアリの生息している土壌が「健全な土壌」なのだそうです。
 ヤマトシロアリのコロニーはあまり大きくない「分散型」で、あちこちに移動するということは基本的にないのだそうです。
 そういう場所に人間が家を建てると、表面を塞がれた土壌生態系は大混乱を引き起こします。様々な生き物が、生き延びようと活動を活発化させ、環境に適応しようとするのだそうです。

 大半のシロアリコロニーは、適応できずに死滅してしまいますが、幸運にも適応に成功したコロニーは生きるために私たちの住宅の木材に侵入してくるのだそうです。
 なんのことはない、侵略者は私たちの方でした。・・・ごめんなさい。。(>_<);
とは言っても、放っておけば被害が拡大することもありますので、ここは心を鬼にして・・・

 ただしそれは、家の中の(家の下の)コロニーだけで良く、家の外のコロニーまで殺す必要はないそうです。なぜなら、ヤマトシロアリのコロニーは動かない。家の外から、わざわざ環境の悪い家の中にまで入ってくることはまず無いのだそうです。
 また、シロアリは「環境に適応して体を変える」ため、どのような「対策」を事前にとっておいても、「環境に適応」してしまったコロニーには効き目がないそうです。

 というわけで、と〜っても勉強になった講義でした。

 これはぜひ一般の人にも聞いてもらいたい! と思い、神谷博士に「うちの勉強会にもきてください」とお願いしてきました。日程調整をして今年の勉強会の中に潜り込ませたいと思っています。
 ヤマトシロアリ、イエシロアリだけでなく、アメリカカンザイシロアリに対する対策なども話してもらう予定です。
 神谷さんは岡崎のシロアリ駆除業者です。(でも「シロアリオタク」の方が絶対当たってると思う。シロアリ愛がハンパないです。。)

 勉強会は会員向けですが、この勉強会は会員以外にも大きく門戸を広げようと思います。勉強会に参加されたい方は、ご案内をお送りしますので草空間設計までお問い合わせを。
 勉強会は有料です。(1家族1000円)


 草空間設計のHP   
https://soukuukan.jimdofree.com

すっかり「ウサギ日誌」です。(笑)

今日はかめの誕生日です。
3歳になりました!

チモシーパウンドのお誕生日ケーキです。
3歳ということで、ニンジンを切ったものを3本配してみました。



1歳の誕生日の時、ニンジンを残したので
ニンジンは食べないだろう、と思っていたら、
しっかり平らげてしまいました。

かめにしてみたら、
「このご馳走は何なんだ?」状態でしょうが、

3歳になったお祝いだよ〜♪

思い返せば、子ウサギの頃
お医者さんに連れて行って飼い方のアドヴァイスをもらった時、
「こういう子はもって1〜2年ですよ」
と言われましたが、
なぁ〜んのなんの。

元気ですよー!

ご実家の方、見てます?


草空間設計のHP   
https://soukuukan.jimdofree.com
Jmdoで作った新しいホームページが「草空間設計」で検索できるようになりました。
やっとです。
「現場日誌」(このブログ)へのリンクもできました。

相変わらずゆっくりな更新ですが(ってか、これ、更新してるのか??状態)、今後ともよろしくお願いします。

・・・・で、
現在のかめ(ウサギの名前)の様子をUP。
元気です。
もうすぐ3歳の誕生日♪




やっぱりお風呂は慣れず、「お風呂だ!」と悟ると体を固くして身構えますが、
「あったか〜い」と言って浸けてしまうと、結構そのまま
ほけ〜。。。
っとしています。
でも、左足の先は爪を立ててタライの縁に引っ掛け、しばらく頑張ってますが、そのうち諦めてチャポンと沈めます。(笑)
お尻と脚をきれいにしないとね。

かめの手(前足)は、左が前に、右が後ろに、それぞれ開いたままですが、
お風呂に浸けてるときに、斜め後ろに伸びたままの手が可愛いです。
嬉しいときなどは、この手をくるくる回したりします。

最近、いろいろかめ特有のボディランゲージがわかってきています。
何しろ、ネットや本に書かれている「ウサギの仕草と気持ち」というのがまったく当てはまらないのですから。。

『伸びをしたり寝っころがる:リラックスしている時』とか言われても・・・・
いつも寝っころがったままですし・・・(^ ^;)

『立ち上がって耳を立てるのは警戒している時』・・・立ち上がれないですから。。

でも、今この写真で耳を立ててるのは、たぶん聞き慣れないカメラの音のせいです。
驚かさないようにフラッシュはたかないので、画像は後で露出を調整してあります。


草空間設計のHP   
https://soukuukan.jimdofree.com
これまで草空間設計のホームページをUPしてきたYahoo! のジオシティーズそのものが、この3月いっぱいで閉鎖されてしまいます。
もちろん、草空間設計のサイトも消えてしまいます。

そこで、Jindoの方に新たにホームページを立ち上げました。



アドレスはこちら。
https://soukuukan.jimdofree.com

自分でやっていますので、まだコンテンツも少なく、このブログへのリンクの仕方もわからない・・・という状況。(^_^;)

徐々に暇を見つけては整備してゆきますので、今後ともよろしく。


こちらのページもよかったら。
https://shokunincorabo.jimdo.com<木づくりの家の会>
このところ、あまりの暑さに外に出る気がせず、半月以上も駐車場の草取りに行っていませんでした。
実はこっそり「庭に雑草を生やす運動」をしている私は、普段から駐車場の草も全部取ってしまわず、じゃまになるものだけを抜いて、あとは「ほどほどに緑があって良い」というスタンスでいます。(こっそりなのは、あまりおおっぴらにやると日頃雑草と格闘してみえるお百姓さんたちにニラまれそうだからです。(笑))
しかし、さすがにこの時期、半月以上も行かないと目も当てられないほど草ボウボウになっているのでは・・・と思って坂を登ってみると・・・・・
なんと!
草が伸びてないのです。
それどころか、一部枯れているものまであります。

もともと水はけの良い石ころだらけの土質なので保水力はないのですが、木の影になっているところ以外、ほとんど抜く必要がないほどでした。
こんな状況は初めてです。

明らかに気候がおかしくなってるんだ・・・・・
と実感する出来事でした。



実は環境問題への危機感から、昨年末1冊の小さな冊子を自費出版しました。
「新しい文明の話ーー人類が22世紀にも存続し続けているために」
というタイトルの本です。
ペラペラの本ですが、これまでに考えてきたことをまとめておこうと思って出版しました。
ちょっと「遺言」のような気分も込めてあります。



風詠社
アマゾンでワンコイン(500円)で買えます。
一般書店にはさすがに置いてはないですが、注文すれば取り寄せられます。
よかったら一読いただいて、一緒に考えていただけたら、と思います。

草空間設計HP   https://soukuukan.jimdofree.com
四季工房という地域工務店の依頼を受けてデザインした、一種のインスタレーションです。
社長の「住宅と庭とモノの関係を見せたい」という依頼から始まりました。

 これが新宿の高層ビル内の展示スペース。
通常は、大学の卒業制作展や家具の展示などで使われています。

ここに「庭付きの住宅」を出現させてしまおう。
という、ビルとしても初めての試みでした。

こういう無機質な高層ビルの空間に
こんなふうに・・・。


屋根がなく、登り梁が見えているのは、消防からの指導でスプリンクラーの放水がゆきわたるようにです。

玄関扉。左が外側。右が内側。
アプローチの庭がRの壁に沿って、玄関の中まで続く・・・という形です。


玄関扉を開いたところ。


上り框を上がった正面。左奥に居間が見えます。


玄関の上りから、居間を通してデッキのある庭を見る。


出窓のある居間。右はオリジナルアイランドキッチン。



階段上から居間全体を見下ろしたところ。

建物全体では8.5坪しかありませんが、中に入るととてもそんな小さな建物とは思えない広がりを感じるのは・・・
ハイ。
Yokochiマジックです。

7月1日まで「展示」されています。
興味のある方は足を運んでみてください。
新宿パークタワービル1階です。

草空間設計HP http://island.geocities.jp/hacobera/
岐阜県の建物です。
建物自体の完成は1年前で、つい先日、1年点検に行った時に外観の写真を取りました。
造園ができていないと、どうも未完成感があって、
外観の写真は造園完成後に撮ろう
と思っていたら、1年後になってしまいました。(笑)

というわけで、竣工時の内部と1年後の外観写真。


リビングからキッチン方面を見たところ


リビング別の角度。仏壇は作り付けです。


1階のお父さんの和室。
「膝も悪いし、将来車椅子になったときにも使いやすいように」
というお父さんの希望で、あえて畳の部分を車椅子から移りやすい高さにしました。
今も、畳に上がる時には一旦ここに腰を下ろしてから足を持ち上げる・・・というやり方で、お父さんには「大変満足!」の言葉をいただきました。


施主さんのこだわりキッチンと、キッチンに下りる階段部分のロートアイアンの手すり。



2階寝室。左の板の扉は小屋裏物置。施主さんがどこかに使いたいと言っていた把手を付けました。

 
アンティークの把手。


寝室から書斎への入り口。取り壊される古民家の梁を使いました。


2階寝室のミニキッチン


では、1年後に撮った外観。





草空間設計HP http://island.geocities.jp/hacobera/
HOMENext ≫
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 現場日誌 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks :
Commercial message :