草空間設計
最後まで残っていた足の悪いウサギの子は
正式に草空間設計の所員として採用することになりました。



名前は、所長権限で「かめ」と決めました。

ちゃんと立てない手足で、ジタジタと動く姿がウミガメの赤ちゃんを連想させたのと、「鶴は千年、亀は万年」と言われるように長寿の象徴としての名前をあげることで、「長生きしろよ」という意味も含めてあります。

お医者さんの話では、こういう症状は「開張肢」の可能性が高いが、脳内に寄生虫がいるという可能性もあるとのこと。
こういう子は良くて1〜2年しか生きられないそうです。
ウサギの平均的寿命は7年くらいと聞きます。
動物病院の先生には「ほんとに飼うの?」という顔をされました。

が、へそ曲がりの私は、
よし、それなら3年以上を目指してやろう!
と一人心の中で思いました。
短い兎生かもしれないが、精一杯楽しくやろうぜ。かめ。。


ところで、思いがけず所員が増えたことで、
草空間設計の人件費・・・もとい、兎件費は跳ね上がりました。(ウサギだけに)
給料(エサ)、福利厚生費(ケージやウサギグッヅやお医者さん代・・・etc.etc.)

事務所の経営・・・・・大丈夫?・・・(笑)

草空間設計HP http://island.geocities.jp/hacobera/index.html
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 現場日誌 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks :
Commercial message :