草空間設計
b9c141a8.jpg森の蔵の関係で、稲刈り体験をすることになりました。

10月19日。知り合いのつてで刈らせてもらえることになった田んぼに、7人+子供1人が集まりました。

稲の状態はまだ、刈るには少しだけ(2日ほど)早かったのですが、「機械が入るためのスペースは手で刈って作るから、その部分はいいよ」ということで、皆で体験できることになったのです。

2dcf303a.jpg皆、稲刈りなんて初めてなので、どうやればいいかも分かりません。
まずは、田んぼの持ち主の方に見本を見せてもらいました。
おじさんは、サクッ、サクッ、と刈っては、4株ずつ束にして畦に置いてゆきます。

が、私たちはそうはいきませんでした。
まず、だいたい4株を片手で持てない。
126b33f5.jpg「持てなければ2株ずつでやって、後でそろえればいいよ。」
ということで、そのようにしてやりました。

昔はこうして8株を1単位に、去年のワラで縛り、逆さにかけて干したのだそうです。
今は機械で刈るので、そんな光景も見られなくなりましたが。

短時間だけの体験の私たちには珍しくて面白いひと時でしたが、昔はこの田んぼを3枚も1人で刈ったと聞いて、大変だったんだなあ、と思う反面、機械と石油に頼ってモノを食べている私たちの消費生活、このままでいいのか、という疑問もふと心をよぎりました。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Copyright © [ 現場日誌 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks :
Commercial message :